川栄李奈後援会 Menu

【AKB握手会袭撃事件 初公判】握手会袭击案首次开庭:动机为认为成员收入高

【AKB握手会袭撃事件 初公判】

犯罪动机:被之前的会社解雇,因为AKB成员的收入丰厚,而自己收入低微并被解雇产生怨恨,并认为通过在握手会上砍成员可以发泄自己的不满。

犯罪过程:购买了2张CD(握手券),第一张用作试探,第二张用于实施。

梅田犯人:对起诉事实供认不讳。

 

握手会袭击案首次开庭:动机为认为成员收入高

人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーらが5月、岩手県滝沢市の握手会会場で切りつけられた事件で、傷害罪と銃刀法違反に問われた青森県十和田市、無職梅田悟被告(24)の初公判が4日、盛岡地裁(岡田健彦裁判長)であり、梅田被告は起訴事実を認めた。検察側は冒頭陳述で、勤務していた会社を解雇された梅田被告が、テレビ番組で見たAKB48のメンバーが多額の収入を得ているなどと考え、不満を抱いたと指摘。握手会で、メンバーを切りつければ不満を解消できると考えるようになったと主張した。また、メンバー2人を襲う直前の行動について、「下見のため隣のテントに入り、(ほかのメンバーと)握手するなどして状況を確認した」と述べた。  p. R1 F: m’ k: e8 J


于5月在岩手県滝沢市的握手会现场对人气偶像组合AKB的成员进行袭击并以涉嫌伤害罪和枪械道具管理法而被起诉的青森県十和田市、无业梅田悟被告(24)的首次公审于4日进行。在盛岡地方法院(审判长岡田健彦)中,被告对起诉事实供认不讳。检方在开头陈述中表示被告是觉得出演电视节目的AKB48成员收入颇高进而对此不满,并认为通过在握手会上砍成员可以发泄自己的不满。在袭击两名成员之前“为了踩点而进入了隔壁的帐篷和(其他的)成员握手以确认状况。”

2CHYBY9SSHJ16o8X3bWS8EwIzaQYodVss2ObNquo81f2y56VxX90KPICdBiU1wY72fb8549gw1elz7xt129wj20ln0c53zn